−−−−−暇つぶし車いじり−−−−−

またまた楽しいブレーキパッド交換!その2 2016.8






事前チェックで以外と簡単、ユーザー車検!!! 
2016.8

自動車の外観に付いている、全ての灯火装置の点灯確認
(ヘッドライト・テールランプ・ブレーキランプ・バックランプ・ナンバー灯・ウインカーなど)

タイヤの溝の残量、亀裂・ひび割れの有無を確認

フロントガラスにヒビや、損傷がないか確認
損傷やヒビがある場合は、交換、もしくは補修(ガラスリペア等)

バックミラー、シートベルト、ホーンマーク、ギアパターン、コーションラベル(サンバイザー等に貼られている触媒等の説明)
発煙筒(使用期限内の物)具合や有無確認

シートベルト警告灯や、エアバック警告灯などの警告表示灯が点灯していないか確認

ウィンドウォッシャー液を出してワイパーを動かし、正常に機能しているか確認

ドライブシャフトブーツ
(タイヤの内側と車体中央側に付いている、ゴム製部品)
前輪駆動車の場合はフロントタイヤの内側と車体中央側に、後輪駆動車の場合はリアタイヤの内側と車体中央側
ハンドルをめいいっぱい切り、タイヤ内側と車体中央側を覗き込み、ドライブシャフトブーツの損傷・破け確認
同じくステアリングブーツも同様

以上のような確認ができたら陸運事務所周辺の予備検査場で事前検査
サイドスリップやブレーキ、灯火、スピードメーターのずれ検査
予備検査場(テスター屋さん?)
これら総合テスト料金 3500円


予備検査費 3500円支払い陸運局へ
いつもの自動車重量税2トン未満 32800円+自賠責保険料27840円は同じ

あとは車検証紙代1800円のみです

つまり自分である程度整備(まだ新しい場合はそのままで)持ち込み車検すれば
合計65940円です!
めでたしめでたし!!!




自宅ガレージで手に負えない整備・改造は??? 2016.08.14

アメリカなどでは大きなガレージで作業できるが、車輌全塗装、エンジン交換
吸排気系交換改造、クラシックカーのレストアなどで
よく映画のワンシーンにあるような大工場の貸しガレージピットが横浜市神奈川区にある!!
!
 レンタルピット サンエース







時間1000円で、基本工具も豊富で無料。
特に自宅ではできない二軸柱リフトが2基もあるので本格的作業もできる!
特に凄いのはウエットブラストマシン完備!!!
この中に錆さびの劣化したパーツを入れれば見事に復活!!
私も中に入ってアンチエージング???!






すっ飛ばし屋御用達??? 最も安く、安全確実に!!! 2016.08.15

命預けるドライバーにとって、足回りの安全は不可欠!
路面食いつきの良いべたつくようなタイヤコンパウンドのレーシングタイヤ!
一年は持たないのでネットで早めにいつもの安くて早いここに注文!
 すぐに届きます!!!





タイヤ取り付けも安心確実しかも早く安いこちらで作業予約!!!
走り屋はタイヤには気候や温度変化に強い絶対
窒素ガスを使おう!!!

 






楽しい板金塗装??? 2016.08.14

月末の車検を控え先日のガレージ工事の際鉄骨を切断中に傷つけたフェンダー他板金塗装!!!
脱脂、粗めのサンダー下地磨き、パテ盛り、マスキング、サーフェーサー吹きつけ、表面磨き!
ほこりがつかないように風のない日選んで塗装!周辺とのぼかしが一番大切!
最後にクリア塗装、乾燥したらバフ磨き!!!





  またまたブレーキパッド交換 2016.08.1

今年もあっという間にブレーキパッド、タイヤ交換時期が!!!
今度の車は
強化ブレーキなのでブレーキパッドも柔らかく、押しつけるピストンもダブルのせいか減りが早い?
どんなに不安定な路面でも急制動も安定している。
まずはブレーキランプ点検し黒っぽいのは早めに交換。
テスターはアナログよりデジタルのがバッテリーなども細かくチェックできる!





車検に備え各部点検!!! 2016.07.24

月末の車検を控え内外装点検!
電圧チェックに最適!デジタルテスター!!!





ドライブテクニックの前に、愛車クリニック? 2015.08.1

今や高速道路網も大きく広がり、安全にドライブを楽しむためには
自分の車の特製をよく知り、天候など路面状況を把握することも大切ですが!

日本人は外国に比べ、異常なくらい車を磨き綺麗にしています。
いかにワックスをかけても、本当の自分の車の現状はわかりません。

エンジンはいくら壊れても怖くありませんが
タイヤやブレーキなど足回りの異常は命に関わります!
日頃からタイヤの空気圧、釘やねじ異物踏み点検、ブレーキパッド摩耗など
日頃の点検が必要です!
ことにブレーキパッドは自分で交換したいものです!
タイヤを外せばブレーキオイルゴムのひび割れやオイルにじみや漏れ
パッドの減り、タイヤの偏摩耗など発見でき
事故を未然に防ぐことが出来ます!



                                楽しいブレーキパッド交換!
           ディーラー価格の1/4くらいでできる、ブレーキパッド交換DIYは簡単です!
           1) タイヤを外す。外したタイヤを車体の下に置くのが万一ジャッキが外れても安心です。
           2) ブレーキキャリパー(パッドを保持する部分)裏側2カ所のボルトを外す。
           3)
 キャリパーを外したら古いパッドを外す。

            4) パッドを押すピストンが摩耗した分飛び出てるので最も奥まで押し込む。
                           この際ブレーキオイルが逆流しますのでブレーキオイルタンクまわりに布などでまいておく。
           5) キャリパーの隙間が充分空いたら新しいパッドを組み込みキャリパーを元の位置に。
           6)
 完成!

  ★間のブレーキローター(大きな円盤)を
ブレーキパッドで挟んで制動するためブレーキローターがかなりすり減って
      溝が出来ている場合があり
しばらくの間は新品パッドとローターの間に隙間が生じるため
   
がくがくとブレーキを踏んでならし、安全のためスピードは控えめでしっかりパッドとローターがアタリがでてなじませてください!



愛車の安心点検を終えたら思いっきりドライブを楽しんで下さい!